HOME > 製本について:ハードカバー


製本について:ハードカバー


製本について:ハードカバー

ハードカバーは、表紙を固いボール紙にくるんで貼り加工をした製本の中でも上級品仕上げで、高級製本、上製本と呼ばれています。
いくつかの種類がある中から、ハッチのプリントブック宅急便では各コースで現在需要の多い上製本仕様をセレクトし、コストとニーズに合うように制作いたします。

ハードカバー:上製本・無線とじ

上製本・無線とじ

接着剤だけで折り部分の背を接合する製本方法です。初版の小説や自分史など少部数を豪華に演出し出版される時に利用されています。

表紙に布クロスや紙クロス、革、印刷紙ほかを用い、芯紙をそれらでくるみ角背(写真)で仕上げます。

見開きのセンター部分を25㎜位を目安に広くとってレイアウトてください。あまりにも狭いととじ代部分が見えにくくなります。

博士論文によく使われており、黒表紙に金箔押ししたものが一番立派な仕上がりで、皆様に好評をいただいています。

 

ハードカバー:上製本・あじろ無線とじ

本の背の部分に切れ目を入れ、そこから糊を浸透させ、無線とじよりも丈夫で長持ちするように改良されています。本のノドいっぱいまで開くことができ、本を見やすくできます。

 

ハードカバー:上製本・かがりとじ

上製本・かがりとじ

1本の糸に対して3種類の針を組み合わせ1カ所をとじていきます。辞書や文庫本などの書籍に利用されています。

表紙に布クロスや紙クロス、革、印刷紙ほかを用い、芯紙をそれらでくるみ丸背や角背で仕上げます。

スピン(しおりヒモ)も標準でつきます。ページ数の多い場合には見やすく、丸背を選ぶことでより豪華本に仕上ります。

 

ハードカバー:上製本・アルバム仕上げ

上製本・アルバム仕上げ

あまり扱う製本所が少ない貴重な製本方法です。少部数のアルバムや絵本を中心に、片面印刷して半分に折り、重なった部分を全面にのり付けする合紙製本です。

2ページにまたがる印刷面を180度に広げて見ることができます。

32ページくらいまでの少ページ数の原稿を、厚みと高級感をもたせ豪華本に仕上げます。

表紙は印刷紙に表面加工をした、貼り表紙仕上げです。近年は布クロスよりも、カラー印刷した紙に表面加工(P.P.貼)をし、厚紙(ボール紙)にくるんで貼り表紙としてハードカバーに仕上げた本が多くなりました。

 

論文製本の表紙:ハードカバーのクロス

クロス表紙には箔押しで金文字や白文字を入れます。
黒表紙に金文字を入れる場合が殆どです。

レザークロス:黒

レザークロス:黒(一番良く使われています)

 

布クロス:黒とバクラム:黒

 

レザークロス:上段左から紺、えんじ、下段左から濃紺、緑

 



戻る

上へ

ハッチのプリントブック宅急便